綿布団・座布団の販売 布団打ち直し 通販販売サイト 


HOME > 羽毛布団打ち直し(リフォーム)
 

写真は羽毛布団のリフォーム例になります。

良質な羽毛布団でもを長年使用すると、ホコリや羽毛のカスが出てきたり、汗などで羽毛のダウンが丸まってしまい
羽毛の嵩高がなくなり、保温性が乏しくなってきます。
また、布団の側生地の寿命は早く、10年近く経過すると破れ・汚れなどが目立ってきます。

アイダーダックダウンの羽毛布団で知られる欧州の老舗カウフマン社でも採用されているドイツ製ローチェ社の洗浄マシーンで 洗剤などの薬品を使わず、水の分子がとても小さく自然洗浄力が非常に強い南アルプスの天然水を使い、洗浄いたします。

山梨県の白州にある弊社提携工場にて、作業は行われます。

羽毛の洗浄の度合いを調べる方法として、試験管の中に洗浄した羽毛を水に入れて底が見える深さを測る品質検査方法が ありますが、羽毛業界統一基準値は500mm以上が一般的ですが、清浄度1000mm以上まで念入りに洗浄して、細かい不純物などを落としております。
(※水が濁っているほど透明度が低くなり清浄度が低い。)

山梨県の白州にある弊社提携工場にて、作業は行われます。

羽毛布団のリフォーム方法にはいくつかありますが、当社サービスは、日本羽毛製品協同組合が認定する 羽毛を直接取り出し洗浄するプレミアムダウンウオッシュ仕上げとなっております。
(※まだ、羽毛のリフォーム認定工場の認定基準を変更後、プレミアムダウンウオッシュ仕上げの認定工場は日本で10数社程度しかありません。)

日本羽毛製品共同組合とは? 経済産業省の指導のもとに羽毛布団業界基準を制定し品質向上を推進している業界団体。
近年の羽毛布団リフォームの増加により、上記ラベルの認定を始めました。
また、日本羽毛製品共同組合でも新品羽の質を表すコールドラベルの認定団体でも有名です。


羽毛リフォーム注文からお届けまで

羽毛リフォームの納期

※当店のリフォーム作業工程は全てプレミアムダウンウオッシュ仕上げとなっておりますので、リフォーム後
の使用生地により、お値段が変わってきます。

 

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜31件 (全31件)

1件〜31件 (全31件)